FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/29 「新・民族の世界地図」(21世紀研究会)

◇書評 倉都康行  

 <知らない世界>

 今から思えば、筆者にとってディーリング・ルームというのは間口の狭い社会であった。そこから見える景色は、世界を極端に凝縮した数字の羅列であり、何を見るかではなく何を捨てるか、というテレビ番組の製作にも似た「残滓の社会」であった。大学を出て数年でそんな環境に長く塩漬けになってしまった私は、むしろ凝縮された風景を残像や虚像ではなく実像だと勘違いしてしまうことが多くなったことに気付いた。
スポンサーサイト

12/27 2011年のサプライズ

◇世界潮流 倉都康行  

 弊誌の姉妹誌であるBi-Weekly Monetary Affairsの執筆陣に、来年のSurpriseとして何を予想するか、のアンケートを行った。最も多かったのは国債危機であるが、中身は主に日本国債の金利急騰とユーロ圏一部のヘアカットであった。後者を契機とする世界的規模での金融機関バランスシート調整、という予想もある。また資源・食糧価格高騰と基軸通貨不安の同時発生や中国不動産バブル、米地方債市場などの崩壊を警戒する人もいる。

12/25 DAX先物 推移 1999~

◇時系列 落合 大輔  

DAX先物終値の推移。1999~

12/23 JRA売上高推移 1954~

◇時系列 落合 大輔  

JRAの売上高推移。1954年~。

単位は億円。

12/22 「中世の高利貸」(ジャック・ル・ゴッフ)

◇書評 倉都康行  

 <高金利は罪か権利か>

 イスラム教が金利を認めないことは良く知られている。だが同じルーツを持つキリスト教も金利は認めていなかった筈なのに、いつの間にか金融業がキリスト教社会になくてはならぬものになり、今では米国というある意味で典型的なキリスト教国家がその中心に座している。

12/20 「マネー・プリンティング」の意味

◇世界潮流 倉都康行  

 FRBによる量的緩和への批判には必ず「Money Printing」というフレーズが付着している。紙幣増刷は貨幣価値の低下、つまりインフレを必然的にもたらすというロジックは、ワイマール共和国やジンバブエにおける具体例もあり、極めて明瞭である。だが先般Bernanke議長はCBSの「60 Minutes」に出演した際、「FRB is not printing money」と述べ、その証拠にMoney Supplyは増えていない、と語っている。では「QE2」の実態とは何なのだろうか。

12/18 大豆(CBOT) 推移 2003~

◇時系列 落合 大輔  

soybean月足終値の推移。2003~

12/16 銅価格 推移 2001/6~

◇時系列 落合 大輔  

 ちょっと話題になっている銅の価格推移。COMEX。

12/14 米地方債市場への不安

◇世界潮流 倉都康行  

米株式市場の堅調推移の裏側には米国債市場の不安が付着している。長期金利は歴史的に見ればまだ低水準にあり、企業財務を揺さぶるほどの影響力はまだ無いと言えるが、社債市場への反映を通じて、来年以降は徐々に原材料コストの上昇とともに調達コストの上昇がマイナス材料として浮上し始めるだろう。そして金利上昇は、前述したように住宅金融をも圧迫する。また悪化が続く州・地方財政を更に厳しい局面へ追い込む可能性も強まりそうだ。

12/13 港湾別コンテナ取扱量ランキング 2008年

◇時系列 落合 大輔  

港湾別でみたコンテナ取扱ランキング。2008年。

単位はTEU(Twenty Foot Equivalent Units)。

12/10 携帯電話出荷台数 2003~

◇時系列 落合 大輔  

携帯電話の出荷台数。月次。

単位は千台。

12/08 書評 アメリカ覇権という信仰

◇書評 倉都康行  

 <またぞろドル暴落論>

 米国経済に「Green Shoots」が見え始めたとバーナンキ議長が語り、好材料に飢えていた株式市場がそれに飛びついたのが本年3月であった。市場では「楽観派」が「悲観派」を抑え込んで株価は上昇したが、ドルはその波の中で右往左往することになる。リスク許容度が上がって株高になると低金利の調達通貨としてのドルが売られ、株価がやや調整局面に入るとその巻き戻しでドルが買われるという展開が続いた。

12/06 邦銀化する米銀

◇世界潮流 倉都康行  

 米国の経済・金融像は幾つもの点で「日本化」していると言われる。金融政策は既にゼロ金利や量的緩和で日本に追随し、デフレ懸念や低成長の長期継続といった「Japan Risk」が米国に忍び寄っている。政府の姿勢が外交から景気対策へと内向きに急転換したことも、日本の1990年代と相似形と言って良いだろう。そして金融機関にも、収益力の急低下や決算に合わせた引当金調整など、まさに不良債権時代の邦銀を思わせるような状況も垣間見えるようになった。

12/03 米国 新車販売数 推移 1963~

◇時系列 落合 大輔  

米国の新車販売数の推移。1963~。

単位は千。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。